So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

蚕糸の森公園 [東京都杉並区]

その名の通り、かつて農林水産省の蚕糸試験場があったところに作った公園。国有地を借りて区で運営している。場所は環状七号線と青梅街道の交差点近くにある。電車で行く場合は地下鉄東高円寺駅からすぐ。今回は車で行ったが近くに駐車場が無い上にUターンがしにくい通りなので若干手間取った。結局環七の立体交差の下にある公共駐車場に停めた。ここを含めてもコインパーキングは非常に少ない。公園は交差点から新宿側にすこしいたっところにある。蚕糸試験場の面影を残すレンガ造りの門がある。そこをくぐると遊具のある広場が見える。

蚕糸01.jpg

公園全体は小学校と校庭を共有した構造になっていて、校庭を囲むようにL字型に公園が構成されている。そのうち遊具広場は青梅街道に沿っていて大型のジャングルシムと複合遊具が設置されている。ジャングルジムはタンクかボイラーのようなものの周りを工事の足場のような感じで囲んでいる。不通の滑り台とパイプのみの滑り台が付いているが。その中心になっている物は明らかに遊具ヨウに作ったものではない。いったい何なのだろうか。調べてみてもこの遊具の由来というか原型はわからなかった。ただけっこうな高さもあり、小学3年生のうちの息子が登っても充分スリルを味わえるレベルになっている。問題はけっこうな高さbなので親が下から見ていてもスリルがあることだ。

蚕糸02.jpg 蚕糸03.jpg

もうひとつの遊具は最近良く見かけるタイプ。クライミングウォール以外はすべてスチールで作られたタイプの複合遊具。背は高めだが、特に大きいとかそういうほどではない、以前は木製のアスレチック遊具があったらしいが、それに比べたら若干迫力不足な感じである。

蚕糸04.jpg

L字型の公園の中心部には壁泉があるが、」それを源流として水遊び用の流れがある。訪問した今日は4月にしては非常に暖かく、水遊びをしている小さな子供が多かった。その後小学生高学年くらいの女の子の集団もやってきて派手に水遊びをしていた。ただ水の底はあまり綺麗ではなく、コケが生えていて足を滑らす小さな子供が多かった。ウチの5歳の娘も案の定、滑ってパンツまで美女日所にした。足がつかるだけの浅い流れではあるが、ここで遊ぶなら着替えが必須であろう。

蚕糸05.jpg

その流れの下流は池になっている。この池にはコイや亀が生息しているが、この池ではザリガニ釣りが小学生に限り許されている。たくさんの小学生達が糸に裂きイカを結びつけた仕掛けを池にたらしていた。けっこうな豊漁でバケツの底にいっぱい捕まえている子供もいた。しかもザリガニ釣りを指導するおじいさん達までいて、大変にぎやかだった。

蚕糸06.jpg 

 

蚕糸の森公園(東京都杉並区和田3丁目55-30)

区立公園;、面積27,147㎡


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

大澄賢也

北條史也
by 大澄賢也 (2018-05-02 07:41) 

浦部春香

蚕糸の森公園
by 浦部春香 (2018-05-02 07:43) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0