So-net無料ブログ作成

幕張海浜公園 [千葉県]

幕張メッセでのイベントの帰りに小学二年生の息子のみをつれて訪問。体力も無いし、であいとかふれあいにはまったく興味ないのでまっすぐに「わんぱくひろば」にむかう。

一応アクセスを書くと海浜幕張駅からはすぐ近く、アウトレットモールを越えたところにある。駐車場も複数あるが、駅近隣があだなのか、結構満車状態だった。

001.jpg

まず、近付いてみて思ったのは「あれ?」と言う感覚である。通常こういう公園と言うと大型の遊具とかアスレチック遊具とかがデーンと居座っているのだが、それは見当たらない。さらになんか鎮座している遊具たちの質感がなんかちがう。普通なら木材か金属かプラスチックというのが並んでいるのだが、なんかやわらかいビニールくさい感じなのである。そうおもいつつも遊具に近付いてゆく。

002.jpg

いちおう中心となっているのは、この二連のターザンロープだ。二連だし、充分な長さはあるし、登り口は登りやすそうで、さぞかし人気の遊具なのだろうと思っていたら、そうでもない。何故なんだろう?千葉の子供たちはターザンロープが嫌いなのか?いやいや甥っ子達は好きだったはす・・・などと考えていたら、息子が果敢にロープに乗った!・・・一気に何故人気が無いのかわかった!!。普通ターザンロープはぶら下がるロープの結び目とかを足や股ではさんで乗るのだが、乗り口が平坦なせいで、乗り切れないのである。だから手でぶら下がる感じになってズルズルと地面に足がついてしまうのだ。ちゃんと乗ろうと思ったら親に手伝ってもらうしかない。それではターザンロープの主要マーケットである小学生の心はつかめないのである。だから遊んでいるのは親子連れの小さな子供ばかりなのである。

003.jpg004.jpg

じゃぁそう学生は何処に行ったのかというと、この遊具。コンクリートの幅のある壁がアスレチックになっている。全体的には難易度は低いのだが、一箇所だけ庁ハードである。壁がきつすぎてみた時もはだしで挑んだ女の子一人以外はわが息子を含めて全滅だった。うーん今時の男の子は少し情け無い。もうひとつ、この公園の違和感を醸し出す発生源となっている。このソフトな遊具。雨上がりだったが、みんな結構楽しそうに遊んでいた。たぶんこのあたりが整備された10年位前に設置されたのであろうが、その10年立った周囲のビルはまだまだ新しいのに、この遊具はすっかり風化してしまっていて、かなりきっついコントラストだ。アイディアは買うのだが、それをやるならきちんとメンテナンスしたほうが良い感じだ。

005.jpg006.jpg

この広場が廃れた感じがあるのは数々の「立ち入り禁止」遊具。こんなにぶざまに立ち入り禁止にするなら、もうちょっとメンテナンスをちゃんとするとか、もっと単純な遊具だけにするとか、してほしいものである。気合が入っている分、周囲の遊具とアンマッチなのもNO GOODDだ。

007.jpg008.jpg

地図でみると細長いT型の形の公園なのだが、この公園はけっこうひろい広場がある。ちょうど芝生広場では千葉国体のイベントが開催されていたが、イベントが閑散として見えるくらい広い。

公園はこのほか日本初の人口海岸を含んだ海岸部分があるが、今回はここまで。海岸については次回井ってみたいと思うのだが、電車で来て海の水に浸からせる勇気はちょっと無いなぁ・・・

幕張海浜公園(千葉県千葉市美浜区ひび野)

県立公園:面積679,000㎡

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0